雑談

WEBのパラダイムシフトをサバイブする為に、WordPressにフルコミットしました

ラッスンゴレライ……説明してねっ!!(全生命力を注ぎ込み、令和元年に世間を爆笑の渦に巻き込んだ大流行ギャグを放つも、エネルギーを全て使い果たした為、肉体が急激に老化。『バキ』の『最凶死刑囚編』に登場するスペックの最後的な感じで、骨と皮だけの老人になりながら)

はじめまして。この度、Wordpressの勉強も兼ねて、新しく当BLOG『王道ストロング』を始めました。管理人の住吉優哉と申します。

こちらのBLOGの開設する前は、「はてな」のブログサービス「はてなダイアリー」で、結構に長い間(10年弱)、日記を書いていました。

そちらでずっと続けても良かったのですが、いつの間にやら、ガラケーはスマホになり、ウェブブラウザはChromeが主流になり、TwitterのようなSNSが一般にまで広がり、そして、当時は最先端のサービスだった「はてダ」もいつしかデザイン的にも機能的に時代遅れになり……。

なかなか時代の流行とネットの進化に追い付けない自分の劣化具合に比例して、「はてなでBLOGを書くこと」というモチベーション自体も下がっていき、遂には、そちらは閉鎖……とはいえ、文章を書くこと自体は趣味として長く続けていきたいと思っている為、この度、思い切ってWordpressの導入に踏み切り、BLOG活動を再開した次第です。

WordPressは、フラッシュアイディアをブラッシュアップする為にマストなメソッド

様々なイノベーションの誕生により、クリエイティビティとグローバルなアライアンスがwin-winのシナジーが、WEBの世界では、推進されています。

そうした中、先行しているテクノロジーをキャッチアップすることは、私達、ブロガーにとってもプライオリティの高い優先事項と言えるでしょう。自分も、このWEBのパラダイムシフトをサバイブする為に、Wordpressにフルコミットした……つまり、そういうことなのです。

これから、ディックなマードックもあるかと思いますし、マスクドがスーパースターすることもあるかもしれない、もしかしたら、バッドニュースなアレンがカネックかもしれません。

それでも、カルロスがホセしてエストラーダする為に、エル・ソラールは必須ですし、アンドレがザでジャイアントしていく可能性は、現代を生きる我々にとって力強い武器となることでしょう。ところで、”ローラーボール”マーク・ロコって、新日本プロレスに来日するにあたって、何で、マスクを被らされたんですかね? あと、私は、やたらとカタカナでビジネス用語を使っている人を見ると、全力で馬鹿にしつつ茶化したくなります。

こちらのBLOGでは、今後、自分が好きなアニメやゲーム、漫画、特撮ヒーロードラマ、そして、プロレスの話題を中心に更新をしていこうと思います。よろしく、お願いいたします。

関連記事

  1. 雑談

    コロナ禍の中で、祖父母を相次いで亡くした話

    コロナ禍の中で、祖父母が亡くなった今年の春の話だけど、母方の…

  2. 雑談

    割と真面目に生きているので、radikoやTVerで目にする啓蒙系CMが辛過ぎる

    ほぼ愚痴みたいな話。日々の生活を送る中で、"ちょっと、シンドいな"っ…

  3. アニメ

    女の娘のサンタコスは、とにかく可愛い! というだけの話

    【旧記事再録】こちらのエントリは、以前、私が「はてなダイアリー」に…

  4. 雑談

    若ェ衆よ、尿酸値には、今の内から気を付けな

    尿酸値が高い。非常に厄介なことに尿酸の値が高いのである。誰が? 私が…

  5. 雑談

    好きな競走馬のタイプ、だいたい、好きな女の娘に似てくる説

    相変わらず競馬の歴史を学ぶことにハマっている。こちらのエントリにも書…

  6. 雑談

    ブログで有名人のお名前を出す時のマイルールについて

    【旧記事再録】こちらのエントリは、以前、私が「はてなダイアリー」に投…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

NEW ENTRY

CALENDAR

2022年12月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
  1. ゲーム

    【ソシャゲ】一つのゲームに長く付き合っていると、良い事もあるって話
  2. ゲーム

    ようやく、Vtuberの楽しみ方が分かってきたという話
  3. 特撮

    特撮ファン的に、ちょっと貴重な『週刊プレイボーイ』のバックナンバー
  4. ゲーム

    スマホゲームの「簡略化」にビックリした話
  5. 漫画

    グラドルファンにとって漫画雑誌のグラビアは真剣に生命線!
PAGE TOP